cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2015 JFL 後期 第15節 SP京都 1:0 奈良クラブ

この記事はだいたい 215 で読めます

2015年のJFL最終節、今シーズン限りでJFLから去る、SP京都(佐川印刷)の正真正銘のラストゲームを見に行ってきました。

西京極なのに天気良すぎで暑すぎやねん…


まずは10:30からのレジェンドマッチ。昨年まで現役だった猪狩や、現監督の大槻、総監督の田中さん、コーチの江添や前長野監督の美濃部さん、私が印刷を見始めた頃に現役だった妹尾さんや若林さん、東さん…ほんとにレジェンド。

とはいえ。

チーム名が「チーム紺」と「チーム白」っていう…ひねりがなにもない!

中でも、昨年まで現役だっただけあって猪狩が走る走る。一人で3人分くらい動いてた気がします…。

そして美濃さん。体調理由で長野の監督を辞められてから心配してたけど、レジェンドマッチに出られるくらいにはお元気でいらっしゃるのなら何よりです。

しかしまぁレジェンドマッチなので交代枠は無制限、試合時間は20分×3本という変則スタイル。しかも2本目と3本目の間には本戦の為にグラウンドチェックがはいるので休憩長めという…

それにしてもお馴染みのりっちゃんの実況がいつもにもましてフリーダム。両ベンチへも積極的にマイクを向けていくスタイル。しかし交代してきた選手は口々に「疲れました」しか言わないww

さて、そんなレジェンドマッチも終わり、いよいよラストゲーム。

試合の中身は…奈良クラブに相当押し込まれる場面も有ったものの、フィニッシュ精度の悪さに助けられ、またGK二人のファインセーブありで無失点のまま逃げ切っての勝利で終わりました。奈良クラブは攻撃はすごく魅力的なので、あとは精度の問題なんじゃないかなぁ…怖い場面はほんとに沢山あったし、決定機は明らかに奈良クラブの方が多かったし。

前半で正GKの山岡が負傷し、まさかのGKで交代枠を使うというアクシデント。にも負けず、最終節を勝利で終わりました。

最後のワニナレ。前半で負傷退場した山岡は真ん中。後半途中に松葉杖をついてベンチに戻ってきましたが、杖無しでもひょこひょことは歩けているようでした。なんにせよお大事に。

試合後には奈良クラブから2枚のメッセージが。「僕たちの中の京都最強 佐川印刷」「Forever プリントダイナマイト」

セレモニー後には奈良クラブのメンバーとも一緒に記念撮影。

また、最終節にはほかサポからのメッセージ段幕が掲示されていました。

ソニー仙台からは「戦友」の二文字。

おまけ。

ハーフタイムにゴール前に鳩の群れが。そうこうしているうちに群れが増え…さらに増え…後半が始まる前に副審が追い払ったにもかかわらずぐるっと回ってまだ居座る鳩。

にほんブログ村 サッカーブログへ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA