cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2016 J2 第11節 京都 2:1 清水

この記事はだいたい 243 で読めます

清水との対戦は実に6年ぶり? 前回対戦はJ1だったことを思うとお互いどうしてここで再びまみえてしまったのか……とかいう漫画みたいなナレを入れたくなったりならなかったり。

いやほんとどうしてここで再会してしまったのか。

清水苦手なんだよーほんと苦手なんだよー(むしろお得意様などいるのか)記憶に有る限り勝利の記憶がほぼ、ない。


大型連休後半初日だからか清水サポーターも大勢お越し頂きましてありがとうございました。それなのに8000人って…orz

清水サポさんにおかれましては西京極名物のドット絵のJ2での進化を見ることなくビジョンになったかと思いますし、スタメシもかつてより随分と改善されて今日はパン祭りも開催とあって、久々の西京極は隔世の感があったかと…。

それはさておき。

サトケンが累積で一回休み、真ん中山瀬で左右に堀込アンドレイで前を3枚にしてヨンジェの左右にセルヒオとダニロビ。

前半は山瀬がほんとに必殺仕事人の如く…予想していた事ながら、清水に押し込まれる場面が多く…危ない場面もあったけど、「うちのGK、スゲーの、マジで」を地で行く菅野のファインプレーで無失点で折り返し。勿論菅野一人の功績ではないけど、菅野じゃなかったら失点してたろうな…とは思う。

あ、すげにゃんお誕生日おめでとう!!!

不安材料としては前半、ほぼ唯一と言って良いくらい相手に勝ってたダニロビが負傷交代…HTに過ぎる不穏な空気。それでも徳島みたいにワンチャン狙って後は引きこもられるよりは攻められてる方が裏狙うチャンスもきっとあるよね…と前向きになってみたり。

そんな中での先制点。CKになったシュートもうまかったけど、CKのこぼれ球をダイレクトで打った山瀬がほんとにもうゴラッソすぎて何も言えない。ナニコレナニコレ。これこそまさに年一のスーパーゴールですよ。ヤバい。ヤバすぎて語彙が死ぬ。

決めた後でゴール裏に走ってきてくれたのもまた嬉しい限りですよ。ありがとう山瀬。

これで一気に楽になったのか、徐々にペースを掴んだようなサンガ。前半はセカンドボールほっとんど向こうに渡ってたのに奪えて、ビルドアップ出来るように。そんな流れの中からのありたんゴール! ゴール前での切り替えしからの隅を狙ったシュート、見事でした。

……こういう感動をその場でリプライズ出来るビジョン最高ですね!

終了間際に1点返された訳ですが、志が低いと言われようが勝ち点3が取れたのであれば得失点差の+1位はガタガタ言わないことにしますよ…大体得失点差で優位だから「引き分けでもいい」みたいなのにまったくこれっぽっちも最近良い思い出が無いから「勝利こそ必須」みたいな方がいいのよ…うん…。

それにしてもセレッソに続いて清水にも勝利で、昇格争いの本命候補には勝ててどうして下位には優しいのか…しかも気づけば一桁順位!(志低い発言)

次はズッ友な千葉さんか…

パン祭りですが久しぶりにキムチとかラーメンとか食べたかったのでイケ麺部のヨンジェver. 確かに辛いけど久しぶりのラーメン美味しかった…

パン祭りのパンもしっかり買いましたよ! ラスク大好きなので各店のラスクをちまちまと買い込み、明日以降のおやつです。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA