cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2016 J2 第6節 京都 3:2 山形

この記事はだいたい 311 で読めます

開幕5試合勝ち無しで暗雲立ち込める西京極(雨予報)。案の定、試合開始直前から雨が降り出し…失点早いな!! 出会い頭の事故か!

まぁ早すぎる失点はダメージとしては軽かったのか、終わってみれば今季初勝利。

1点差まで追い付かれたのは…うん…丸さんの現役時代は3バックで強かったけど、なかなかこのメンバーで3バックはなぁ…


試合後のお立ち台で堀米くんが真っ先に言葉にするくらいの最悪な立ち上がりからはまさか勝てて終わるとは思いませんでしたね。しかも前半の内にひっくり返すなんて。

いや、ほんとに大黒にお礼参りされることは想定の範囲内です。ゼロ封出来るとは思ってなかっ……てのはさておき、まさかね、開始90秒でやられるなんてね!

堀米くんが反省してたということは堀米のミスからの突破だったのかな? 確かに右サイドだったけども。後からKBS見直したら確かに堀米くんからでしたね…

確かに大黒の個人技は怖いけれど、失点してからは大黒をちゃんと消せてたし、ディエゴ(ソウザの方)にしても、ゆーじくんと菅沼とでケア出来てたし、そんなに怖くもなかったかな、と。

大黒のゴール決めた後のパフォーマンスは現地ではよく分からなかったので後から見たのですが、結局試合も終わった後となっては「個人技は凄いけどそれだけで試合が決定付けられるほど突き抜けてるんでなければそれ(個人技)だけでは」という去年の終盤と同じ感想しか。今日もね、大黒の個人技だけでボッコボコにやられて負けてたなら「俺を干した京都ザマァ」とやられてもやむなしではあるのですが、そうはならなかったわけで。あんなけ去年助けて貰っておいて、大黒様と持て囃しておいて掌かえすんだけど、ほんとにそこにつきるんだよね…

初顔合わせの高橋菅沼っていう今回のCBのチョイス、結構アリだとおもいますよ。染谷高橋の第4節よりも安定してたというか、決定的なのがなかったというか。

ゆーじくんが今日は正直頼もしくも見えたので、今後もコンスタントに出れば、試合に出ろというテグへのいいアピールにもなるかな、と。リオにはサンガと元サンガで複数名行ってくれることを期待してるので。

一方、立ち上がりにポカをやらかした堀米くんですが、いや、全体通して見ると非常に良かったですよ。右サイドが安定してた。預けてよし、走らせてよし。小さい体の割に競り方も悪くないからボール収められるし。3点目はQBKを上手いこと押し込んだな、と。

ダニロビの同点ゴールは角度のないところからの股抜きで、そういえば山形は3点目も股抜き去れてたな…。ともあれ、ダニロビの復活は嬉しい限り。

ダニロビは2点目のヨンジェもアシストして、3点目の堀米くんの時はニアで空振りフェイントかけて得点に貢献。

交代で入った有田もファーストシュートで狙ってたし、FWは競争激化ですねぇ…でもそうでないとね。

この日はビジョンがついてから初めての勝利、ヒロインが! ビジョンで!! ビジョンっていいね!! (ヒロイン始まっても映像切り替わるのが遅かったのは慣れてないからか)

ゴールシーンのリプレイといい、ビジョン…ええわぁ…

そういえばいつからヒロインの後でカメラにサインするようになったん? 堀米くんの気恥ずかしそうな姿が可愛かったです←

さて、週末の西京極は桜満開で、試合前にはお花見も慣行。気になってたスイーツ弁当も買ってみました。

思ったよりしつこくはないし、軽いんだけど、それでも一人でこの量はムリ! 塩気と一緒に食べないとね…となると一人でスイーツ弁当はちょっと辛いかなぁ…

何はともあれ、勝ち点3ですよ。首位のセレッソには随分水をあけられてしまったけれど(セレッソさんにはこっち見んなと言われそうだ)、ここから立て直して順位を上げていかなくては…

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA