cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

2017 J2 第4節 岡山 2:1 京都

この記事はだいたい 211 で読めます

今期最初の遠征は岡山でした。

お天気にも恵まれ、試合中は半袖でも十分な陽気でした。

スタメンこんな感じ? ベンチには闘莉王が復帰。


前半の立ち上がり、いきなりポスト叩かれてヒヤッとしたものの、途中からは岡山のやりたいことをさせてなかったと思うし、今年も石櫃とヨンジェのラインは活きてるな、と思わせられる場面も多かったしで、後半に向けて期待の持てる前半だったと思うんですよ。

後半もそのペースを維持できていたと思うし、途中から入った岩崎くんがやる気と元気が有り余ってる様子でそらもう走る走る…小屋松も早いしでこの二人を左右に配して入れ替わりながらアタックかけたら見てる方は楽しそうだなぁ…と思ってみたり。それにしても岩崎くんは完全に遊軍なのかと思わせるくらい、どこにでも顔出してたな…

望月ゴールはセットプレーから。でも追加点が取れないまま、染谷が痛んで(前半にも一度痛んでたし)闘莉王in。

正直、ここから交替で自滅した感が拭えません。

闘莉王に求められてる役割は何なんだろうね。ゴール前でなんでもかんでも跳ね返してくれる壁? 残り5分のパワープレー要員? こっち(サポーター)が求めてる役割と、本人がやりたい役割と、監督がやらせたい役割は果たして一致してるんだろうか。少なくとも前の2つは不一致な気がしてならない。

染谷がベストだとは正直とても思えないんだけど(今日も怖い場面沢山あったし)、だからといって闘莉王の方が良いかと言えば…私はそうは思えないなぁ…

ただ、あの状況で他の選択肢がなかったというのも分かる…なので監督には「他の選択肢」の用意もご検討頂きたいなぁ…

ヨンジェ→大黒の交替にしても、ヨンジェの負傷があってのことなのか…大黒に変わってからは、やっぱりCF大黒が孤立してしまってトップにボールが当たらない時間が続いて、そんな状態だから追加点が取れず。

守備は守備でファウル怖がるあまりに失点し、追加の失点回避しようとファウルでPK与えて逆転…完全に自滅ですやん。審判に対してあれこれ言う前に、負けに不思議の負け無しという言葉の意味をかみしめて頂きたい。

それにしてもまた、また赤嶺か…!!! 何回目やねん(正直な気持ち)

まだ4試合終わったところで、まぁまだ焦る時間じゃないといえばそうなんだけどそうやって「まだ」「まだ」って言ってるうちに3月が終わって4月になってGWがやって来るんですよね。知ってる。ここ最近のいつものシーズンだから。

とりあえず、闘莉王と大黒の役割というか、ゲーム内の立ち位置もうちょいなんとかならんかな。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ

Pocket