cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

恋するボードゲームパーティー #7

この記事はだいたい 642 で読めます

なんでも今回で7回目らしいですよ。私はまだまだ2回目なんですけどもね。和室で恋するryの時に初めて参加して、ボドゲ楽しい! ってなって今回もやってきた訳ですが。
どこのボドゲ会に行っても「やったことないボドゲ」ばかり手を出してるのにまだまだ一向にダブる気配がないあたり、ボドゲ沼の広大さ果てしないな!


今回、前から気になってたAKINDOをやれたのですが、私競り合い向いてない…! というかお買い物下手すぎる…! 出し惜しみとかせずにもっとばーんと買えばよかったと。オークション下手がゲームでも露呈。
というかことごとくトップにもならないけどドベにもならないという…
アンバーでもベガスでもトップではないけど2番手か3番手。

こういう中位力はサンガにJ1で発揮して欲しいと割とマジで。
優勝なんてなくてもいい(そりゃあるに越したことはないがまずは賞金圏で)、ただ降格は勘弁ですよ…なんで毎年何かしらイベントやってんねんほんま穏便な年あらへんやないか…。

それはさておき。

唯一勝ったのはコヨーテかなー…前にやった髑髏と薔薇とかごきぶりポーカーとか、しれっとハッタリかますようなのは比較的得意なのかも。自信満々にブラフ仕掛けるようなの。人狼とかそういう長丁場になるとボロが出るけど一言でハッタリかませるようなのは割りと得意かもしれん…。

今日やったボドゲ自分めも。

ハゲタカのえじき

1~15の数字の手札を使って-5~10の数字の場札を取り合うカードゲーム。一番大きい数字を出した人(場札がマイナスの時は一番小さい数字を出した人)が場のカードを取れる(被ったら次に大きい数字の人)。かぶらない大きい数字をうまく使うべく駆け引きしつつなるべく大きい数字のカードを取りたいゲーム。
駆け引きとかよくわからんので途中でもれなく後悔(出し方間違えたー! みたいな)しつつ、マイナスカードで覚悟を決めて呑んだりしたのでトップになれなかったけどドベでもない中位力。

キャット&チョコレート

きゃりーぱみゅぱみゅが「面白い」と言ってたらしいカードゲーム。
山札をめくって出てきたシチュエーションを手持ちの3枚のカードのうち、指定された枚数を使って解決する(ボケ回答アリ)という…解決出来たかどうかは参加者のサムズアップかサムズダウンの多数決で決まるという…解決できたらそのカードは自分のポイントに。最後に2グループの合計ポイントで勝敗が決まる(とはいえ誰が味方かは最後までわからない)ので味方の回答は審査を甘く…とかは無理。
なんていうかね、使えないアイテムが多すぎてね! なんだよラーメンって! そして万能カード「おかん」。おかんマジ万能。大概のシチュエーションはおかんがなんとかしてくれる。とにかくボケたい、面白いこと言いたい関西人には楽しいゲーム。

魔法のラビリンス

磁石のついたコマの下に、台紙を挟んでパチンコ球より一回り大きいサイズの金属球を吸着。盤面の下に隠された壁をに球が当たると落ちてしまう(=スタート地点に戻る)ので、壁の位置を覚えながら目的地を目指してアイテムをゲット。
雰囲気はマリオパーティでスターを集めるような感じ。一つのスターを誰かが取ったら次のスター(目的地)が新しく設定されて、現在地からそこを目指すようなところは似てるな、と。
…しっかしこれ、記憶力試されるわ…どこに壁があって、どこは通れるかとか覚えておかないといけないんだけど、だんだん混乱してくる…。覚えきれなくてスタート地点から2マスでドボンしたり、一つの目的地に全員辿りつけなくてぐるぐるぐるぐるしてたり。

バッティング

かぶっちゃやーよ、みたいなゲーム(曖昧)。単発で時間にとらわれないのでおおてばん開始前の時間合わせでジャラジャラやりました。
宝石の乗ったいくつかのカードをせーの、で指さしてかぶらなければそれがゲットできるというやつ。ルールも単純でわかりやすかったです。ただ、暗がりだと宝石の色が黄色とクリアが見分けづらかったなーと。

ベガス

カジノゲーム。
ダイスの1~6の目にそれぞれ1~9万の賞金(場所によっては複数枚)あり、手持ちのダイスのゾロ目の数だけその数字と同じ場所に賭けられ(2巡め以降でも同じ目が出たらどんどん足していける)、最終的に手持ちのダイスを全部振り分けた段階で、それぞれの目においているダイスの数が一番多い人から順に高額賞金を取っていける…というゲーム。ただしダイスの数が同数になったら資格喪失。
ダイスの目は運だけど、出た目のうち、どれ(どこ)に賭けるかで合計金額が大きく変わってくるから運要素はそんなにないかな、と。

AKINDO

一度やってみたかったAKINDOをやっとプレイできましたー! 銭をチャラチャラ言わせながらダイス転がして客を読んだり、競りで商品を落としたり、商品は組み合わせでポイントが増えたりもして。
銭を貯めこむ方向にいってしまったけれど、もっと銭を払って商品を積極的に仕入れていったほうがよかったのかなぁ…とか。でないと客を呼びにくいし。
またやりたいゲームではあるけれど、今回は全員初回プレイだったので微妙にテンションが上がらないまま終わってしまった…。

コヨーテ

インディアンポーカーに似た感じでカードを頭に掲げて(自分の数字は見えない)、場の合計値を当てる…というと語弊があるけど、合計値が「前の人が言った数字よりも大きいか小さいか」で争うようなゲーム。
前の人が宣言した数字よりも大きいと思ったらそれよりも大きい数字を宣言、小さいと思ったら「コヨーテ」宣言。…で、ミスった方にコヨーテが噛み付いて(印をぺったん)、3回ミスった人から脱落して最後の一人になるまで。
しれっと次に回して自滅を誘うもよし、勝負に出るもよし…(ΦωΦ)フフフ…

スチームパーク

ロボットのための遊園地を造るダイスゲーム。
6個のサイコロを振って自分の望む目の組み合わせをつくり(気に入った目から確定させていく)その完成順によってゴミ掃除が出来たり逆にゴミが増えたりというディスアドバンテージを受けつつ、アトラクそをつくり、人を呼び、施設を作って入場料と稼いでまた出たゴミを掃除して、ミッション(手持ちカード常時3枚)をクリアして金を稼ぎ…6日間の稼ぎで勝敗をつけるという…
最後の1日をどう過ごすかと思った時に、間違いなく掃除をしないといけないんだけど、私はもっと早いタイミングで敷地を増やしてアトラクション作っといたらよかったなぁ…と。掃除しすぎた。
小さいアイテムが沢山あるから取り扱い大変そうだなぁ…と。

で。
キャッチコピーにある運命のボドゲですが。多分まだ出会えてないんじゃないかなとか思うのですよ。これぞというボドゲ。強いて上げるならピクトマニアかな…自分とんでもなく画伯だけど。
なのでまた次の機会を楽しみにしてます。

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA