cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

花組『ME AND MY GIRL』宝塚大劇場(Aパターン)

この記事はだいたい 325 で読めます

みりおってアーネストとかミーマイとかなんかこういう系(こういう系としか言えないけど)多いなぁと思いつつ、役代わりのAパターンを見てきました。

  • ジェラルド 水美舞斗
  • ジャッキー 柚香光
  • トレメイン卿 芹香斗亜
  • パーチェスター 鳳真由
  • 公爵夫人 桜咲彩花
  • ランベスキング 瀬戸かずや
  • ランベスクイーン 鳳月杏


何をおいてもみりおビルの帽子テクが凄すぎて紐とか磁石とか仕込まれてるんじゃないかってくらい(いや、実際仕込んでる所もあるけど)、くるくるくるくる…いやほんと凄いわ。そして私はみりおの下克上というか、庶民からの成り上がりが凄く好き(生まれながらの貴族ではなくて)なのですが、今回もそういう役で。

かのちゃん、良い意味で「庶民」似合うよなぁ…カリスタみたいな蓮っ葉キャラで、無理してお上品な言葉遣いしてるジャッキーとの場面すごく可愛かった。あそこホントに好き。ミーマイ自体はラストにビルがサリーに「てめぇいままでどこいってやがった!」って荷物放り投げて叫ぶあの一瞬が一番好きだったんだけど、ここの場面でジャッキー相手に必死に背伸伸びするサリーがすんごい可愛い。

ラストシーンはラストシーンで、それまではかのちゃんのサリーだったのにあそこだけ彩音ちゃんの面影がよぎって…彩音ちゃん以外のサリーを知らなかったのだけど、あそこは型でもあるのかしら…

かれーちゃんのジャッキーはとんでもなく肉食な猛禽類でした。ガウンでビルに迫る場面はもうほんとに…みりお逃げてー食われるー…としか思えなくて女装したかれーちゃんの総攻め感はんぱない。こんなに「ビル逃げてー」ってなったジャッキーはえりたん以来かもしれない…えりたんも大概、猛獣が爪先で遊んでズタボロにしてからトドメにパクッといく感じだったけど、かれーちゃんは頭からバリバリいく感じ…どのみち食われるビル。

お歌は初見で一曲目のラストで…大きく…ズコーがあって(´・ω・`) がんばれかれーちゃん…

まいてぃは振れ幅大きくて今回はヘタレ側。まいてぃは悪人も出来るし、実直も出来るし、あほぼんも出来るしでほんと芸達者だなぁ…

たその執事が相変わらずとんでもない安定感で、使用人sのナンバー(英国紳士)はマイク付けてるのが歌自慢揃いですんごいきれいでした。ここのびっくにコック帽とか頭一つ二つ三つくらい大きいことになってたびっく…

執事は真面目くさってるのが面白い役だから、たそのアクティブな要素が全く無いのがなぁ…勿体ない。

べーちゃん夫人とのレッスン場面はほんとにべーちゃんのコメディセンスが発揮されてて可愛いし面白いし。それにしてもあんなに可愛かったべーちゃんが「マダム」をやってるというのが…娘役さんはやっぱり時が経つのが早いなぁ…

そんなべーちゃんの歌うヘアフォードの物語、先祖が続々出てくる中で美味しいというか異彩放つ桜舞しおんくん。何パターンかいる先祖の中で一人だけなんか…違う系統よね。

話は前後するけどランベスウォークで二階の一番後ろまで下級生4人がやってきてくれるとかなにこれかわいい。気がついたら舞台では総踊りになってて私今記憶飛んだ!? 通路側で見られたのでいっそ手を出してみたら凄く力強くばちーんとタッチしてくれた下級生に高感度↑↑。その思い切り、買った! しかしお名前わからないごめん…

ここに限らず、セットの上階にいるとB席だと顔が見えないんだよね…立ってたらなおのこと。

それにしても上手で踊りまくるまよちゃん…キャラが謎だよパーチェスターさん…! まよちゃんのパーチェスターはどんなのか凄く楽しみにしてたんだけど、やっぱり良い意味で「すんごい変な人」でしたね。パレードも一人で降りて、拍手入れづらいところが少し残念…

ランベスキングなあきらより、仲買人のあきらが格好良すぎてですね! あきらかっこいい、知ってたけど!

ちなつは女やったり男やったりだからかランベスクイーンなのに…女性に見えない…いや、確かにスカートなんだけど。スカートなんだけど…! そんなちなつがどんなジャッキーになるのか楽しみにしつ次はBパターン見ます。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA