cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

月組『NOBUNAGA/Forever LOVE!!』宝塚大劇場

この記事はだいたい 842 で読めます

初日の感想が「超時代劇」と「あーさの濡れ場」だったんだけど特に後者どういうことだってばよ。

……

終盤の超展開っぷりにけっこう着いていくのに必死でした。プログラム読んでるのに。一応歴史の流れは把握してるのに。それでも置いてけぼりになるわこれ…

むしろプログラムの撮影場所が…信長の館…安土か! 思いのほか知ってる場所でびっくり。三成のときにゆひすみが長浜城とか石田町とか行ってた並にびっくり。

NOBUNAGA<信長> -下天の夢-

冒頭が信長(龍真咲)一人が舞台に立って敦盛をやるから、ああ本能寺なのかな、って思うやん。思うやん!!!

場面変わったら秀吉(美弥るりか)センターにイケメン武将達が踊るんですよ。ライトが赤と青の明滅を繰り返すんですよ。……ろ、ろっくみゅーじかる…。

ちょっと軽いみやるりと、しゅっとしてて(どうでもいいけどこの「しゅっとしてる」の意味が関西でしか正確に通じないってマジか)インテリなかちゃの対比がよかったです。確かにこの光秀ならくそまじめに思い悩んだ結果いらん責任まで背負い込んで「私が責任を持って…!」ってなるわ。

で、唐突に桶狭間が始まって、僧形の足利義昭(沙央くらま)が現れて(ここの会話がよく分からんかったけど結果的には義昭が将軍になる)、浅井と組んで美濃を攻める話に。

帰蝶(愛希れいか)は美濃を攻めないで、って言うけど、当時の美濃は斎藤道三を討ち取った斎藤義龍(道三の実子)が納めてて、帰蝶にしてみれば兄だけど親の敵でしかないはずだから、信長が美濃を攻めるとなっても反対とか、まして兄の命乞いなんてしないんじゃないかなぁ。そもそも嫁入りの時に父から短刀渡されて「信長がうつけなら殺せ」といわれて「うつけ出なければ父を殺す刀になります」と返すような逸話のある女だし。…ましてちゃぴの帰蝶は桶狭間から落ちのびようとする今川義元を自ら討ち取ろうとするほど戦どころか戦場に出ることをいとわない女だし。

美濃を「滅ぼす」と言うけど、信長が焼き討ちにしてまで根絶やしにしたのは比叡山くらいで(それも範囲によっては諸説ある)、狭い国土で限られた人的資源と農作物を有効に活用してこその天下統一だということは流通に明るい信長ならわかってただろうから挑発目的で農作物刈り取ったり火を付けたりする事はあっても「滅ぼす」まではなぁ…と。このへんの帰蝶の心情がよく分からん。

で、次はもう比叡山焼き討ち。浅井長政(宇月颯)の名前を出しておきながら、さらっと回想みたいにお市(海乃美月)を嫁がせただけやった…ここもっと夫婦ラブラブして欲しかったよ! 脳内フィルター通して見たらラブラブやったけどさ!

比叡山に隠る浅井勢の撤退…とは言うけどえ、ここに長政本人いるの!? 市も!? 困惑。

そしてくらげちゃんをかばって銃弾を太刀で防ぐとし。としつよい(真顔)

次はいきなりの長篠直前でそこから一気に義昭追放して本能寺に飛ぶ…わぁ 超 展 開 ☆

いや、私が説明面倒くさくなったんじゃないんだ。ほんとにこんな流れなんだ。 むしろこの長篠手前で家督争いで退けた弟(織田信行(信勝))(

蓮つかさ)を謀殺する回想が入るんだけど……いやいや弟殺したの随分前だよね!? 桶狭間よりも数年前だよね!? なのにまるでついこの間のことのように形見の衣を届けさせようとするとかよく分からん…墓に花を手向ける女たちもよく分からん…

よく分からんと言えば、何故か帰蝶が清洲でくノ一集団を飼ってる件。桶狭間でも使ったんだろうけど、一体どこからどうなってそうなった…?

そんなくノ一の一人が明智光秀(凪七瑠海)の妹(妻木:朝美絢)っていう…いやいや光秀さん超上流階級のご出身じゃないですかー。なんで妹が忍びなんてそんな下等な職に…しかも妹にしたらもうとうの立った年齢…あっ、腹違いで年が離れてるのか(察し)

そんなあーさに惚れてる佐脇良之(暁千星)。…前田利家(輝月ゆうま)の弟なんだけど、兄は加賀百万石で嫁(まつ:花陽みら)貰ってるのに養子に出た弟は独り身か…年齢設定よく分からん… 信長は自分が葬った人たちを背負う、みたいな立ち位置だから、過去の幻を見るような場面で今川義元とか織田信行と一緒に浅井長政と市も並んでて、いや、市を(間接的に)殺したのは秀吉であってry

…まぁ人の恨みを背負う、というから市の恨みも背負ってるっていう表現なのかなぁ…いや、でも後から冷静になってよくよく当時の時系列を思い返してみたら、この時点でたぶん長政も死んでない

初日の感想で話題だったあーさのラブシーンですが…いや、そんな…思っていたほどでは…? あーさは攻め(攻めっていうな)の時のほうがよっぽどエロいよねっていう(身も蓋もない)。

ざっくりした今回出てきた話の時系列。

信長年表

これから武田と戦うぞ、っていう場面、これ、長篠のことかと思ってたけどひょっとしなくても設定は三方ヶ原かな? だとすればここで大役を負かされた佐久間信盛(綾月せり)にとっては後の放逐へのフラグだったのか…まぁそんな流れないんだけど。 三方ヶ原なら信玄はまだ生きてるし、

そんな三方ヶ原直前にして義昭蜂起の報を受けて…え、信玄より先に義昭なの? その人ちょっと手紙だしまくりでウザイ(実際各地の大名に向けてお手紙攻勢かけまくり)けど実行力的な意味ではほとんど雑魚だよ?

この義昭蜂起に一役買ってる宣教師たちの裏家業(今回、宣教師派遣の主目的である植民地政策がクローズアップされてたのは(こんなストーリーだけど)大野くんのこだわりかな、と思いました)で、カブラル(飛鳥裕)とたまきちが組んでほかの武将をそそのかしたりしてるんだけど…いいのかそんなに大勢で信長に反抗して。むしろそこで殺してしまえばよかったんじゃね。なぜそこで「やっぱり信長様でないと」で丸く収まるんやおかしいやろ。

とはいえ、みやるりが将来的な意味で天下への野望を語ったのはいい場面だったと思うし、あれがあったからかちゃとの本能寺直前に上下のセリでやるあの芝居が生きてくるんだとは思うけどなんか割とあの場面で古参もこぞって反旗翻しててなんかよくわからん

そしてそこから一気に話が本能寺に飛ぶ…いや、あの、ちょっと待って(必死)

信長が死なずに海外に出た、っていうストーリーにはぜんぜん不満とかないんだけど(むしろたまきちに大して「お前はまだここでやることがあるだろう」って返して一人になるとかなんて退団モードかと)、だったらあの冒頭の敦盛はなんだったんだろう…なんやったんや…

そういえばロルテス(珠城りょう)と一緒に日本に来たオルガンティノ(千海華蘭)、からんくん今回歌も多くて、たまきちとの歌とかほんとよかったんだよ…幼馴染な二人いいわぁ…

今回、ほぼほぼ十把ひとからげな家臣団ですが、柴田勝家(有瀬そう)はまだ市を気にしていたりでキャラがわかりやすかったかなぁ…でもなんつーか確かにこいつ精神論で水瓶割りそうだわ(偏見)っていう柴田でした。

あと、弥助(貴澄隼人)な! スミスよかったよ! 弥助っていう設定もよかった(気に入れば出自がどうでも日本人じゃなくても重陽してた)し、大野くんちょいちょいこだわり見せてくるのに大筋のところが私は置いてけぼりを食らいましたよ…。

いやでもまだ1回見ただけだし…うん。

【追記】

書き切ったと思ったけど全っ然足りてなかった。

ちゃぴの死亡時期がいくら帰蝶の死亡時期は諸説あるとはいえそこ!? そこなの!? え、しかも死因それなの!? って見ていてこう…工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 ってなりましたね…

信長が覚悟を背負って生きていくのはわかったけど…え、帰蝶そこで殺してしまうん…?

あと、将軍のこまさんが凄く良かったんですよ! 最初の出番の僧形の剃髪の美しいことといったら! そこから将軍になって、小物感あふれる将軍がまた上手いんだ…

そんな「将軍様はゴキゲン斜め」っていう…歌詞は相当あれなのにコーラス奇麗だしわかりやすいしてわりと好きかも、あれ。

それから律儀にもかちゃは結構ギリギリまで信長の直参にならずに義昭の家臣からの出向組だったこと。面倒だから省くかと思ったら割としっかりしてて、それ故の「私は既に裏切り者」っていう台詞が良かった。信長を裏切って本能寺に至る前に、既に義昭を一度裏切ってるっていう。

Forever LOVE!!

お芝居だけで文字数使い切った…。

ショーはなんていうか幕開きからすんごいピンクで、ちゃぴのわっかがすごかった! すごいわっか! あれ着られる娘1もそうそういないよ!!

でもってまさおがすんごいもふもふしてた。もふもふもふもふ。

…あほなことはさておき。

今回、聞いていたとおり中詰めらしい中詰めもなく、フィナーレの群舞もなく、デュエダンさえないので物寂しさは確かにあるのですが、燕尾服で胸にバラを挿して歌う姿はもうなんか神聖でした。

退団者の見せ場もしっかり作られていたし、まいまいが! ロケットガール!! 私ほんとにまいまいの足が好きで(変態発言)…いや、まいまいのダンスが好きで!(おかっぱはもっと好きです)今回ほんとに踊りまくる姿をたくさん見られて…

群舞はないけれど、途中で男役が燕尾でキメて踊る場面があり…ここすんごいかっこよかった。マジで。ここから娘役群舞入って、もう一度男役で踊る流れがほんっとに、イイ。

うわさのこまかちゃみやるりの女装ですが、かちゃ…腕ほっそ!!! 知ってたけど! ほっそ!!!! からのみやるりほっそ!! からの…こまさんが可愛いのに…可愛いのにあのお衣装のせいでむっちりダイナマイトバディに見えてしまうよ…!

ショーの頭の歌詞、バレエは苦手(前に同期対談で話題になってた)血を流したこともあった(スカピンのことかな)とか思い当たることがちりばめられてたような気がします(記憶あいまい)。

話は常に前後するけど、舞台でラテンの衣装にチェンジしたまさおと、たまきちとちゃぴとで銀橋でわちゃわちゃしてるのほんと可愛かった。願わくばまさおとたまきちとでなんかこう…同士! みたいなのが見たかったなぁ…あったかなぁ…最近なかったような…。

たまきちはお芝居でも思ったけど、全ツ回ったから前からたくましいと思ってたけど(物理も含めて)さすがの安定感と存在感でした。ちゃぴと二人、次の月組は武闘派集団になる予感しかしません。つよい。

にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ

Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA