cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

Pokemon GOがApple Watchに対応して出来るようになったいくつかのこと

この記事はだいたい 510 で読めます

年に一度くらいはブロガーっぽいタイトルを付けてみました。

今朝起きたらやっとポケゴーがApple Watch対応していたので、早速インストールして半日過ごしてみた感想です。

Pokémon GO

無料
(2016.12.23時点)
posted with ポチレバ

結論から先に挙げると、孵化効率ハンパない、です。あと、よりワークアウトとしての側面が強くなっている印象です。

まず初めに

設定方法

他のApple Watch対応アプリと同様にiPhone側からアプリをインストール。今日(12/23)配信の最新バージョンからでないとインストール出来ないので先にiPhone版をアップデートすること。

最新バージョンのポケゴーはヘルスケアへのアクセスを求めて来ますが、多分これがApple Watchで計測する歩数(や、そこから算出した距離)を反映させるためのものなのかな、と。

通知の設定はApple Watch側で起動させるとこういう画面で随時通知のオンオフは変えられます。

…これ、ポケストップの多いところに行くとほんっとにひっきりなしに通知来るので目的に応じてオフにした方が良いな、と思いました。通知煩い。

画面は4つ

先ほどの設定画面と、一番左はアプリの一時停止ボタンがあります。

残りは次の二つ

現在のワークアウト状況と、一番孵化に近い卵の様子です。

最後は孵化装置に入っている卵の状況。

出来ること

まずアプリをスタート

起動画面はこんな感じ。ワークアウトのような感じで開始をタップするだけ。

1.卵を孵化させる

普通に歩くだけでApple Watch側で歩数と距離を積んでいってくれます。

これまでのiPhoneでは横移動がなくて距離反映して貰えなかった範囲でも距離が溜まっていきます。これ、実はすごくありがたいのでは…

卵が孵化すると通知が来ます。

2.アメを集める

勿論パートナーポケモンのアメも集まります。

もうすぐアメを見つけそうな画面はこんな感じ。

アメを見つけると通知画面に出ます。

3.アイテムを手に入れる

ポケストップが近くにあると通知が来ます。

通知の画面からアイテムの取得が可能です。

4.周囲のポケモン

通知をオンにしていると、通知画面にポケモンが表れます。

周囲にいるポケモンは通常画面にも表示されています。

できないこと

1.ポケモンを捕まえる

iPhoneを取り出せということですね。

2.卵を孵化装置に入れる

次の卵はiPhone側で操作する必要があります。

3.卵から孵ったポケモンを確認する

孵化したことは解るものの、何が孵ったのかはわかりません。気がついたら3個一気に孵化してたのでぼうけんノートで確認することに…

4.アイテムを捨てる

常にアイテムぱんぱん(だいたいモンスターボール)な私のような人間だとせっかくお手軽にアイテム収集できるのに荷物いっぱいで何もゲットできない状態…

ただ、アイテム枯渇してとにかくお手軽にボール増やしたい! な時は楽かも知れません。

5.ゲットしたアイテムを確認する?

ワークアウトを終了させた結果画面で確認できることはわかりましたが、手に入れた瞬間にはわからないのかな?

とりあえず半日やった感想

1.孵化効率ハンパない

いや、ほんとに。あっという間に5キロ卵が次々孵化していきます。卵持ちきれないとはなんだったのか。逆に次の卵早くてに入れないと…ってなる。

2.孵化装置への追加課金の可能性

上記の通り、孵化効率が良すぎて無限孵化装置だけでも1日1個以上孵化させられます。私は卵が持ちきれないことを理由に孵化装置を買ってた部分もあるので、そう言う意味では課金は鈍化する面もあるかと思います。

ただ、孵化効率良くなったことで、新しいポケモン狙いでどんどん孵化させたいと思う人は課金しやすくもなったかと思います。

3.バッテリーの問題

iPhone側

iPhone側は常にアプリを起動している訳ではない(むしろバックグラウンドにもいない状態にしていた)ので減り具合はかなりマシと思いました。ただ、ポケモン捕まえたりアイテム整理は引き続きiPhone側でしかできないのでモバイルバッテリーの用意は必要かと思われます。

Apple Watch側

Apple Watchはワークアウトアプリ起動中と同じ扱いになっているようで、バッテリーの減り方としては「それなり」です。

丸一日起動させておくのは厳しいですが、通勤ルートやショッピングなど、「知らないうちに歩いている」時を狙って起動させればかなり効率が良いと思います。

4.結論

ほんとに孵化とアメの面では効率ハンパないです。

Apple Watch側で起動中は時計画面に戻してても腕を上げたらポケゴー画面になるのはアレだけど(まぁ時計は見えるけども)。

起動中は腕挙げたらこの画面、竜頭押したら時計画面(アプリはバックグラウンドで継続)になるけど暫くして挙げたらまたこの画面。

特にアプリで一番左にある一時停止にしない限りはこれが続くよう…

Apple Watch側のみ起動してても(iPhone側はバックグラウンドにもいない状態)でも距離は反映されていた(と私は思います)し、その状態でiPhone側を立ち上げ→終了しても距離のカウントは中断しませんでした(iPhone側を終了した時点で一瞬卵やパートナーポケモンの距離がゼロ表示になりましたが、秒で復帰したのを視認)。

もっと言えば機内モードでも(iPhone側と連携してなくても)Apple Watch単体で距離稼げてることを確認しています。

ただ、一度だけ起動中のつもりでいたのにApple Watch側が終了してたのでその原因は不明…

ヘルスケアの歩数や距離を勝手に拾ってくれるほどではない(むしろそこまで公式→サードパーティーにデータ引っ張れるのかは疑問、逆はともかく)ので距離を稼ぎたければアプリの起動が必要ですが、それはまぁそんなもんだろ、という印象です。

とにかく今日一日で手持ちの卵が一掃されてしまったので卵探しに行かないと…

Pocket