cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

ツムツム編みぐるみ 13 ハチプー

この記事はだいたい 142 で読めます

予告通り、次の更新はハチプーです。

もともとプーさんと同じ作りなので、本体その他の難易度は大差なかったです。むしろボディが縞々だから段数数えるのが楽だったというか…

製作メモ

まずはパーツを先に作ります

通常のプーさんに加えて、頭飾りと背中の羽根が加わります。

後はプーさんと同じ

途中で色を変えながらいつものように進めていきます。

難関:触覚

アジアンコードをぴょこんとさせるのはグーフィーと同じですが、上に飾り(ボンテン)を付ける必要があり…作り方には綴じ針で穴を空けて接着剤つけてアジアンコードを刺し込む、とあるのですが……

まず、綴じ針では穴開かないのでカーペット用の針で穴をあけ、綴じ針ねじ込んで穴を広げました。

次に、アジアンコードに強度無くて差し込めないので先にアジアンコードだけに接着剤をつけて乾燥させてみましたが、あまり状況改善せず…

結局どうしたって、ボンテンをバンズのように切り開いて間にアジアンコード挟んだっていう…

そのせいでバランス悪い…顔がとぼけてるのはいつものことながら顔作るセンスが欠落してるからです…

総評

触覚を除けば他のパーツは大変作りやすかったので、難易度としてはかなり低めです。アジアンコードではなく、もう少し強度のあるもので代用したほうがピン、と立つのかなぁ…とも。

羽は真ん中を固定するだけでなく、左右の羽根もボディに固定するので動きません。

おまけ

今回のハチプー、実はこれまでの余り毛糸だけでできています。

この通り、ペレットや綿、アジアンコードとボンテン以外の毛糸は手つかずです。

プーさんの黄色とダンボの水色とプルートの黄色とチップの茶色のあまりで出来ています。15体作ると余剰がかなり出てきて作業用の箱が圧迫されてきました…

Pocket