cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

ツムツム編みぐるみ 24 チェシャ

この記事はだいたい 424 で読めます

1月末に突然大きな箱で遅れてた2回分+通常分が一度に届いたせいで、一瞬にして滞留が8個とかになってしまったので慌てて作りやすそうな形の物から順次形にしていっています。

こないだオラフの記事を書いて、順番としてはオラフよりも先に作ったアリスの記事を書いてないのですが、チェシャは私のこの反省点をこれから作る人に伝えたいという思いが(これまで作った中で一番)強いので先に記事にしました。

製作メモ

基本的に二色使いで胴体縞模様でとても作りやすい色合いでした。が、パーツがちょいちょい面倒なのと、作っている途中で差し込むパーツがあったりするので、先に部品だけ全部作っておきます。

初めて使う毛糸の色

これまで作ったどの個体とも違う濃淡のピンクです。つまり、失敗やらで毛糸が足りなくなったら万事休す…

メモ1:マズル

チェシャ猫も口周り部分のパーツが別付けです。鼻になる部分は凹ませるために外側3段使って凹みをつけます。

①鼻になる位置で3目の鎖編み

②次の段は左右に1目ずつ増やして5目の鎖編み

③一番外側の段で鎖編みを巻き込んでその下の細編みの目で細編み

マズルの図面について

途中まで作っていて、どうしても上記の凹み位置がおかしい…と思って図面の目の数を数えてみました。…目の数が足りてなかった。まさかの図面間違ってるんじゃないか疑惑。

そんなまさかと思いつつも足りないだろう部分に足してみたら…割と正解っぽい形になったので以下の写真の通り、マズルの下側(あご側)のストレートラインの細編みの数は図面+2が正解と思われます。

あと、作り方写真よりも鼻の凹みがかなり大きく見えますが、これくらいでもジャストフィットしました。問題ない。

マズルを付けるタイミング

顔周りのモフモフを付けた後(ただしほぐす前)が良いと思います。私は中に綿も入れた後で、モフモフの位置も図面より少しずらしながら縫いつけました。

メモ2:尻尾

今回のパーツは大まかに以下の通り。問題は左下の尻尾です。

この尻尾、本体を30段目まで編んだ後で差し込むのですが、問題そこではなくてですね…

貼る前に毛羽立たせろ!

作り方の手順としては、①張り合わせる②切り抜く③毛羽立たせる、となっているのですが、これをやってしまうとフェルトの中に接着剤が浸透してしまい、生地が固まってしまいます。

どんなに、ひっかいたって毛羽立つどころじゃない。

なので、おすすめする手順としては、①毛羽立たせる②張り合わせる③切り抜く、が良いと思います。

差し込み口は割と適当でもなんとかなる

ちなみに差し込むとこんな感じ。写真通りになんていきません…が、なんとかなります。たぶん。

メモ3:耳

チップと同じく、差し込むタイプの耳なので、先込みの隙間をあけておきます。

次に書いた顔周りのモフモフと耳とはどちらが先がいいか…耳が先の方がいいと思います。

あと、いつものことですが接着剤付のフェルトなので、表面だけでもかがって針を通すのはなかなか困難…力任せに縫い針通すのは可能ですが、その針は処分する積もりでやらないと…針にべったりと接着剤が付着します(´・ω・`)

メモ4:モフモフ

顔の周りのモフモフですが、マリーと違って本体と同じ色の毛糸を使い、後で毛糸をほぐしてモフモフにするようです。

モフモフ付け位置に毛糸をつけた状態。

ほぐすのは全部完成させて、目鼻をつける前にしました。その際、一気に規定の長さに切ってからほぐすのではなく、先に2センチ程度の長さに切って、ほぐしてから再度カットするのが良いと思います。短くしてからほぐそうとして( ゚皿゚)キーッ!!ってなりました…

あと、このモフモフつけるタイミングは30段目まで編んでから、と書かれていますが色換えのタイミングもあるし、どこで付けても大勢に影響はないので薄ピンクから濃いピンクへの最後の色換えのタイミングでやりました。27段目くらい。

マズルはこの後、綿も入れた後でつけました。

メモ5:肉球

地味に面倒な肉球。何がアレって、このフェルト、必要な大きさ(耳と肉球4個)のギリギリ分しか無かったんですよ。毛糸は足りたけどフェルト足りなくなるとこだった…

総評

これで19体目なのもあって、随分慣れてきたので形はなんとかなりました。今回一番面倒くさかったのは尻尾です。本体をある程度編んだ後で、差し込んで接着の面倒くささ。耳も同様ですが、耳は「既に相当編み進めた後の場所」で、作業は止まらないのですが、尻尾は今まさに編んでるすぐそこで接着剤を使うので…乾燥待ちが発生。

その間にペレット袋作ったり鼻を作ったりしてたわけですが。

  • 図面の複雑さ ★★☆☆☆ マズルの図面間違ってる疑惑…
  • 本体難度 ★☆☆☆☆ 本体はとても単純です
  • パーツの細かさ ★★★☆☆ モフモフと眉毛が…指攣りそうに。
  • パーツの多さ ★★★☆☆
  • 所要時間 ★★☆☆☆ パーツさえ作ってしまえば後の本体は単純構造でした。
Pocket


Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA