cella

Kyoto Sanga F.C. & Takarazuka Review and etc.

ツムツム編みぐるみ 25 バレンタインミニー

この記事はだいたい 37 で読めます

2017年に入ってからホントに手芸ブログ(というかあみぐるみブログ)となっていますがそろそろシーズン始まるのでサッカーの話も出る…かも知れない。でもまだダゾーン契約してない(完全にシーズンに出遅れ)。
とはいえ、先週なんとかバレンタインに間に合わせるべく(間に合わせたからって何かがあるわけでもない)作ったミニーの記事を先に上げておきます。

このミニー、何と言っても…装飾過多!!

仕方ない…世界のスーパースターのガールフレンドだから仕方ない…

制作メモ

まず基本的なところは以前にミニー(1体目なので酷い出来)とかミッキーと同じように顔を作って輪郭を縁取りして…とやってることは同じ。ただ、通常は黒い耳や顔周りがチョコレートイメージで茶色なので、黒い毛糸よりは相当見やすいです。

スカラップ(襟)

装飾過多な今回の個体の最たる部分、スカラップ。所要時間の割に手順が多くて…

まずスカラップ本体

顔周りから体に入る部分で内側半目取ってボディ部分を途中まで(次の色変え部分まで)編んだ後で、スカラップのピンク毛糸で外側半目取って直接編んでいきます。後付じゃないのでここで目の数を間違えるとボディに対して襟の位置がずれるという…辛い。

襟がついたところ。あまりの毛糸は30センチ位残しておく(襟をボディに固定するため)と指示書にはありますが…ギリギリだった!! 私のこのかなり強めに編んでいる網目にも関わらず、本当に30センチ位しか残らなかった!! これまでの個体作る過程でまるまる1体分以上毛糸余らせてるのにそれでも足りないかと思ってドキドキした…。

スカラップの飾り

これがまためんどくs…刺繍糸は6本取りのまま使うのですが、なんせざくざくと2ラインつけるだけ×3色。一方のビーズは縫い針で5個も縫い付ける…め、めんどくさい…! ビーズは予備も含めて6コ入っていたので、6コとも付けたい人はどこかに追加してしまうのも良いのではないでしょうか…

飾りがついたところ。

スカート

スカートとリボンはそれぞれ接着芯をつけて切り取ってほつれ止めを塗って置かないといけない…というのを実際ここに取り掛かるまで放置していたので慌てて接着芯をつけ…ほつれ止めが切れていたので仕方なく布用ボンドを少し薄めて縁に塗りました。結果としてはこれでも何ら問題なかったのですが…準備大事(作り方をよく読めという話)。

スカートの腰部分

ミニーやアリスと同様、外側半目取って1段だけ編みます。この隙間にスカートを差し込んで接着剤で留めます。

スカート飾り

↑で作った腰の網目にリボンを縫い付け(縫い針で)てリボン結びに。指示にはなかったけれど、固定するために結んだ後で接着剤で固定しています。頭のリボンも同様に、縫い付けた後で接着剤を裏に足しました。

総評

記念すべき20体目です。さすがに慣れてきたのか耳もバランスよくなったし、何より顔の不細工さがずいぶん軽減されてきました。後、実は苦手だった手足もずいぶんましになりました…。

  • 図面の複雑さ ★★★☆☆ ミッキーミニーと基本的に同じ
  • 本体難度 ★★★★☆ スカラップ部分はあみぐるみでは初めて出てくる編み方
  • パーツの細かさ ★★★★☆ ビーズと刺繍糸が…
  • パーツの多さ ★★★★☆ 同上。
  • 所要時間 ★★★☆☆
  • Pocket